top of page

平和の灯

平和の灯は1993年8月8日に「8・8・8一斉点灯事業」としてスタートしました。市民が手作りのキャンドルに平和への願いをこめたメッセージを書き入れて、灯をともすことで、原爆で亡くなった多くの方々を慰霊し、一人ひとりが原爆の惨禍を決して忘れることなく、若い世代に平和の尊さを継承していくために毎年開催している市民参加型の行事です。あわせて、平和都市長崎の思いを、世界に向けて広くアピールしています。


長崎青年会議所ではキャンドルの設置や撤去、交通整理、キャンドルに火を灯す作業などを会員みんなで行っています。市内の小中学校などで作製された、約4,800個の手作りキャンドルが点灯し、優しい光が平和公園を包みました。


令和2年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年と違った形での開催となり、平和の灯コンサートは事前に収録してスクリーンに放映したり、会場を変更したりと工夫をして行われ、平和の尊さに対する意識を再認識できる機会となっています。




Comments


bottom of page