top of page

公開討論会

長崎市長選挙は今後の長崎市の未来を左右する重要な選挙であり、長崎市民が市政に直接参画できる大事な機会です。しかし、2014年12月に行われた衆議院選挙が戦後最低の投票率となったように、今の日本国民の政治や行政に対しての不信感や無関心は深刻な状況です。今後の長崎市を明るい豊かな街にするためには、長崎市民一人ひとりが長崎市の未来について考え、政策本位による政治選択ができる機会が必要です。公開討論会を通じて、長崎市民に各立候補予定者の政策を理解していただき、政策本位による政治選択の判断基準の一助としていただくことを目的とし、一人でも多くの長崎市民に長崎市の未来について考えていただき、政治に関心を持って選挙に参加していただくことを目的とし計画、準備を進めました。

2015年度では田上市長をお招きし、長崎市長のマニフェストについてお話を伺い、長崎市の未来をみんなで考えるよう企画しました。

2019年度4月には長崎市長選挙公開討論会を開催し、同年3月には、開催に向けての記者会見や意識調査を行いました。




Commentaires


bottom of page